ホストクラブは出会いの場でもある

ホストを生業にしている人は自分自身の実力で勝負している人たちばかりです。
そんなたくましい姿を見に、世の女性たちは大枚をはたいて毎夜通い詰めるわけですが、そんな姿を見て本気で恋してしまうという事もあるでしょう。
可能であれば自分だけを見て欲しい、お付き合いしてみたいという思いを抱くのは自然な流れといえます。

ホストとして働いている人たちはお酒の席での会話がとても上手です。
誠実な受け答えが出来るので、女性はバイトの愚痴など、日ごろの悩みや、うっぷんなどのストレス解消ができるでしょう。
また、ホストの世界はサービス精神あふれる女性的な面とは裏腹に意外と男性社会ですので柔らかな言葉の端々ににじむ骨太な意見は、日常では出会う事の出来ないリアルな感触を感じられます。

同業のバイトをしている女性が客となってホストと出会う場合は、最初は同じ境遇なので会話が弾むかもしれませんが、お酒にまつわる話やお客さんとのやり取りなど、お店の中での話ばかりで行き詰ってしまうかもしれません。
お客様として通っていると、相手は何時まで経っても自分の話やプライベートな自分の将来の夢などは語ってくれないのです。
なぜなら、モテるホストは自分の話より、相手の会話を優先させることが上手だからです。

もし、出会いの場として、ホストを選ぶのであれば、まず自分が異業種であることが大切だといえます。
同じ業界の人同士はどうしてもお金の流れが見えてしまい、自分にどれだけお金を使ってくれたかなどで気持ちをはかりがちです。
しかし、まったく違う職種であれば純粋に自分の好意を気持ちで表すことが出来ます。

あまりお金だけを使って気持ちを表す事はおすすめしません。
プレゼントをたくさん用意したり、他のお客さんと争って、より値段の高い物をプレゼントするという方向に気持ちが動いてしまうと、本当に彼がそのプレゼントを欲していたのかが見えなくなってしまうからです。
ホストの彼が好きなのであれば、まずは彼の利益になる行動を心がける事が大切といえます。

ホストの人たちは褒められ慣れていますし、基本モテる事が仕事です。
もし、特別な存在として見て欲しいのであれば、外見やルックス以外のところを褒めてみましょう。
普段の何気ないところで見せるさりげない優しさや、組織の中での振る舞いなど、一度会っただけでは見抜けない、独自の観点で彼の事をほめると印象に残るかもしれません。
あなたを大切に思っている人がいるという事を伝えるのが大切です。